LOG IN

シャドートレーニング

by 渋谷雄大

前日に翌日を想像する

実はこれをやり始めてから焦りなく行動できるようになったんですね。
すごく簡単なことですが、前日に翌日1日のシャドートレーニングをして寝ることなんです。

どこまでシャドートレーニングするかと言えば、翌日にはどんなトラブルが起きるか?どんな受講者がいるのか?どこでウトウトして眠たくなるのか?イメージが膨らみやすいときには、新幹線の隣にはどんな人が座るのか?それとも空席なのか?と言った具合にです。

勿論、仕事に関するシャドートレーニングに一番長い時間取られるのですが、翌日の講座の雰囲気や展開、結末などを出来る限り具体的にイメージしてから寝るようにします。その中には、不安や懸念点などイメージでは解決できないようなものも含まれます。

時間にすれば、たかだか30分位。

そのシャドートレーニングをすることで、翌日はまるで、2回目の今日を過ごしているような気分になるんです。勿論、半分くらいはイメージ通りにはならないのですが、半分くらいは予測していたとおりかそれ以上の良い結果に繋がってきます。

そう言えば営業時代もやっていたような

て書いていて思い出したのですが、営業マン時代にも同じようなことを無意識にやっていたように感じます。特に良い結果に繋がった商談ほど、これができていました。

究極の危機管理だと思っています。
翌日の1日をシュミレーションすることで、様々なリスクに対して準備をしておくことに繋がります。
また当たり前ですが、前日のシュミレーション結果が悪くなった場合、無意識?のうちにシュミレーションとは違うより良い行動改善策を実行していることが多い(意識したことはありませんが)。

当たらない半分は、ネガティブなイメージなんですね。
逆に当たりやすいのは、ポジティブなイメージ。

行動に余裕が生まれ、より良い結果に結びつけることができる簡単な方法でした。



渋谷雄大
OTHER SNAPS