LOG IN

中小企業は価格を消す

by 渋谷雄大

今日は下の講座。商人大学校の講師として、昼の部と夜の部の2回登壇です!

ということで会場である秋葉原に早めについて、今日の講座の内容をブラッシュアップ。

そんな準備中にふっと頭に浮かんでくるアイデア。
そのアイデアがうまくいくかどうかは、試さないとわからないですが、講座準備中に浮かぶアイデアってのは大抵うまくいくんですよネ。どうなるか分かりませんが試すぞ!!

中小企業は価格を消す

さて、今日のブログの本題です。

小さなお店ほど「価格」を消すことが大切ということです。
お客がなぜ価格を重要視するのか?ってことですが、
その理由のひとつに「単純に比較しやすいから」ってのがあります。

A商品とB商品、C商品があったとして、お客はプロではありませんから、機能や性能など正確に比較検討することはできません。でも、価格だけは、比較しやすい。

お客は意外なほど安易な方に流れるものです。
そうなると価格で比較するのが手っ取り早いんです。

だから価格が提示されれば、当然、お客は価格比較に意識が向いてしまいます。
そうなると大手企業や大きなお店には勝てなくなってしまうんですよね。

小さなお店がやるべき戦略は「なんだか良く分からないけど、良さそうだから試してみよう。」って感想に繋がらせることです。この「何だか良く分からないけれど」が良いんですね。
説明できないけれど、良さそう。
何となく良さそう。

この時点で、比較の意識は消えてなくなります。

では何となく良さそうの代表格は、「雰囲気」ですね。
「何だか雰囲気が良い感じ」比較されません。
良い感じの雰囲気を醸し出すことも立派な差別化要素。

次に「カスタマイズ」です。
「あなたに合わせてカスタマイズ」
「ひとりひとり価格が違いますから」比較しようがありません。

他にも沢山あるのですが、とにかく言いたいことは「価格だけでは比較されないように」するということ。
心の隅に留めておいてくださいね。


渋谷雄大
OTHER SNAPS