LOG IN

「悪魔の営業・天使の営業」の意味

by 渋谷雄大

昨日は会津若松商工会議所で「悪魔の営業・天使の営業」というテーマで営業セミナーを行ってきました。
はじめての会津でしたが、印象は「本当に良い人が多い!」ってことです。
セミナー中も受講者のみなさんは終始明るく反応してくださいました。感謝!!!

https://www.facebook.com/kukkin999/posts/1644459902271035/

ということで、今日も営業ネタです。
今日は「悪魔の営業・天使の営業」の意味についてです。

優秀な営業って、2つの異なる性質を持っているんだと考えています。
すごく漠然とした言葉ですが、長く営業している営業マンって「計算できるお人好し」なんです。

この「計算できるお人好し」こそ悪魔の営業・天使の営業なんです。

計算できる=悪魔の営業
お人好し=天使の営業

営業マンだから、やっぱり日々のノルマや目標はあります。
ただお客のところへ行って雑談だけしているわけにはいきませんよね。
しっかりと計算して行動する。心理学を勉強してお客の気持ちを把握することは必要です。

だからといって、計算高すぎてはいけませんね。

本当に優秀な営業マンって、どこか抜けていてお人好しなところがあるんですよね。
誰かが困っていると居ても立ってもいられず手助けしてしまう。
そんな役回りだと分かっていても、引き受けてしまう。
でもそんなお人好しさが、新しい仕事を生み出すんですよね。

「必要最小限で最短距離でお客を獲得しよう」という計算だけでやれるほど営業の世界は簡単ではありません。もしそれで成り立つなら、営業マンは本当にやり甲斐のない仕事になっちゃいます。

ただあなたが5年で営業を辞めるのだったら、悪魔の側面だけでもいけるでしょう。
長く営業として活躍するのであれば、天使の側面を保つ必要があるんです。

ちなみに人それぞれ、悪魔の側面が強い営業と天使の側面が強い営業がいます。
まずはあなたが天使側なのか悪魔側なのかを把握すること。
そして、弱い方の考えをしっかりと学ぶことだと思います。

悪魔的な考え方を学ぶ本としては、性悪説の「韓非子」
天使的な考え方を学ぶ本としては、性善説の「論語」

両方の考え方をバランス良く取り込みましょうね。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷雄大
OTHER SNAPS