LOG IN

人生背伸びしなくちゃ!

by 渋谷雄大

先日購入したMacBookPro。
PRと名がつくだけあって、処理速度がとってもなく早い。容量の大きい重たい写真を編集しても、Illustratorをガリガリ使いながら、Photoshopで加工。ついでにGoogle Chromeでネット作業。なんていうのも全くストレスなし。
以前は、2011年モデルのMacBookAirでしたので、性能差は全く別次元。

僕自身はコンサルタントのメインの仕事は、チラシ作成そのものをしたり、Web制作をする、動画を編集するということではなく、全体の仲介役と仕組みの構築です。
ですので、パソコンを使ってやることは書類の作成やパワーポイントでテキストを作成することが中心。
今のMacBookProの能力から見れば、へそで茶を沸かすくらいの作業なわけです。

でもいつも何かを買う時に意識しているのが「背伸びすること」なんです。
自分の身の丈にあったものを買うとそれ以上に変化はない。
だから僕の場合は、自分よりも少しスペックが高いものをいつも選びます。
そして、そのスペックだからできる新しいスキルを身に付けていくようにしています。

僕の人生はいつもそうだったように思います。
できそうにないこと(ちょっとオーバースペック)をやると決めてから自分のものにしていく。

今、PremiereProに取り組んでいます

ということで、このオーバースペックパソコンを最大限活用できるのが、動画編集。
手軽に簡単に作れるMacで使えるiMovieやスマホで簡単に編集できるソフトが山のようにありますし、僕も講座で簡単に作れる時代にやらないのは勿体無い!と豪語しています。
しかしよくよく考えれば、教える側がそれくらいのスキルではNGなのであります。
もちろん、動画のストーリー作りや構図などは得意分野ですが、しっかりした編集ソフトだとできることが大幅の広がります。

現在、PremiereProというプロ向けの動画編集ソフトに取り組み始めているところ。

全く頭は追いついていませんが、ハードに合わせて自分のスキルも高めていくために本格的に取り組むことにいたしました。と言っても、まずは触って触って慣れるところからですね。

MacBook Pro持ってるのにSNSのチェックとWord、パワポだけじゃ恥ずかしいですしね。
オーバースペックと言わせないように、自分のスペックを高めていきますよ。

今、PremiereProで作業しながらブログを書いていますが、MacBookProが熱くなってきていますね。
本来の能力を活かしつつあるようです。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷雄大
OTHER SNAPS