LOG IN

説得力と行動力

by 渋谷雄大

今日は大阪で研修会でした。
70名の方にお集まりいただきまして集客力向上について学んでいただきました。
みなさまご参加ありがとうございました。

https://www.facebook.com/kukkin999/posts/1593392887377737/

さて今日のテーマですが、説得力は行動している人にしかやってこない。です。

僕が講演会や研修会を実施すると必ずこういう方がいます。
「考え方や方法の意味がわからない。」
「もう少し体系的に説明してほしい。」
「意味はわかるが、自分には役に立たないと思う。」
などなど、いろいろな言い分をぶつけてくる方がいるわけです。

それってやってみてから言って欲しいってことなんです。
多くの方は、実際にほとんどやっていないにも関わらず要望は多いってパターン。

一言で言うと「子供の駄々っ子」と同じです。
やる前からそれっぽく理屈を付けて文句を言うわけです。
良いですか。まずはやってみること。その上で要望は伝えること。

日本中で講演会をしていると、見えてくることがあるんです。
そういう方の特徴は、「自己防衛本能が非常に強い」ってことです。
自分が経験のないことに対して、様々な理由を付けてやらなくても良い方向へ持っていこうとする。
理由は、失敗したときの周囲からの見え方を気にするからなんです。
失敗すると恥ずかしい。失敗したくない。という感情が先行します。

すごく気持ちはわかります。
僕自身も自己防衛本能が強いので、失敗を恐れますし、周囲の目も気にします。
でも動かない限りは、突破口を開くことはできないんです。
どんなに要望や文句を言ったとしても、そこに説得力は伴わないし、何も変わらない。

周囲から「子供の駄々っ子」だと思われていませんか。
まずは行動してから要望や意見を言いましょう。


渋谷雄大
OTHER SNAPS