LOG IN

情報と価値観

by 渋谷雄大

昨日は神奈川県の新松田でチラシ作成のコンサルティングをさせていただきました。
どうも自分たちが考えているチラシ内容とズレがあったようで、ヒアリングさせていただきながらいくつか面白いアイデアをお伝えさせて頂きました。どうなるか楽しみです!

https://www.facebook.com/kukkin999/posts/1570496029667423/

さて、今日のテーマに参りましょう!

たくさんの情報に溢れかえっていますし、求めれば誰でも同じように情報を得ることができる時代になりました。こういう時代に必要なことが、価値観とかビジョンとかいうものになってきます。

情報よりどりみどり時代になった時には、取捨選択が必要不可欠です。
自分の力で情報を選別していかなければ、自分自身の頭が持たないんです。

そして、そういうときに選択するための価値基準を持っているかどうか?が大切。
「自分がやりたいこと」や「ワクワクすること」、「将来こうなっていきたいという展望」「これは好き、これは嫌いという好き嫌い」。こういった価値基準を持っているからこそ、人は”自分にとって有益な情報”に出会うことができるようになります。

一方で、最近出会う人の傾向として、自分自身の好き嫌いがハッキリしない、誰かに興味を持たない、最近ワクワクすることを忘れてしまっている、昔は持っていた夢を忘れてしまった、なんていう自分の価値基準があやふやになっている方がなんとなくですが増えているように感じているんです。

情報量は急激に増えている一方、自分の価値基準があやふやな人が増えている。これってとても危険なことなんだと思います。

情報収集マニアが増えている

で、最近多くなっているのが「情報収集マニア」。
情報を集めるだけで、使っていない人たち。
片っ端から情報を集める。でも集め方に一貫性がないため、全く使えないし、そもそも使いこなそうとしていないんですね。

一日の時間の大半を、PCやスマホに向き合ってひたすら”誰かの情報”や”役に立ちそうな情報”ばかり集めている。そして誰かの情報をシェアしまくる。

僕の場合は、コンサルタントをやっているためその時々のテーマを意識的に持つようにしています。
特に、新しい講演テーマのオファーを頂くと、24時間常にそのことに関わる情報のアンテナを立てて情報を集めます。
そして集めるだけでは自分自身の血肉になりませんから、必ず実施してみるんです。
そうするとネットから得た情報であっても、自分自身でやってみると意外な穴や使えないポイントなどが見えてきます。本当にネットの情報というものは、玉石混交だと思います。
だからこそアウトプットをしてみて、その精度を確認するんです。

僕の場合は、アウトプット前提でインプットするので軸はブレにくいんですね。
そして常に新しい講演テーマをやっているので、幅広い情報を集めることができるんだと思います。

ここからは僕の考えですが、情報は深掘りと横展開の2つを考えていきましょう。
深掘りは、将来にわたって突き詰めていきたいテーマ。
横展開は、新しい可能性へのチャレンジや、深掘りしているテーマに隣接するような関連テーマです。

深掘りし続けていくと、どこかで硬い地盤にぶつかります。
そういうときには、横展開で横穴を探しながら別の道を探っていくんです。
そうすると横穴から元いた硬い地盤の下にでることが良くあるんですね。
地道に掘り進むことは大切。でも硬い地盤にぶつかったときには、横穴にそれて違う視点で深掘りしていく柔軟性も必要です。
でもどんなに柔軟に道が逸れたとしても、自分の価値観=目的にそって掘り進んでいる限りは同じところへ向かっているのだと思います。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷雄大
OTHER SNAPS