LOG IN

時すでに遅し

by 渋谷雄大

手遅れにならないように。
ここ最近は事業承継のご相談やお手伝いをさせていただくことが増えてきました。法律面や税務面などは専門家に任せるとして、最大の問題は継がせられる相手がいないということ。

多くは継がせようと思った時には時すでに遅し、というケースが非常に多いということ。

後継者だけは、一朝一夕では育たない。
経営者が「もうそろそろ」と感じたころにはすでに遅い。
ではなく、経営者が「まだまだやれる」と感じているということは、自分の中に関心が生まれたということです。このタイミングが後継者を決めるベストタイミング。

良いお店や良い企業が、後継者がいないという理由で無くなっていっています。
そういうお店や企業は経営者自身が優秀なだけに、後継者を探しはじめるタイミングを逃してしまうのではないでしょうか。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷雄大
OTHER SNAPS