LOG IN

筋トレを続けるコツ

by 渋谷雄大

筋トレをはじめてから2年ほど経過します。
個人的にもまさか2年も筋トレを継続する習慣ができるとは思ってもいませんでした。
それまで身体を動かすことが大嫌いで、物事をじっくりと継続することも苦手だったのですから。

体重80キロ時代
体重80キロ時代

昨日、某著者のセミナーに参加させていただいたあとの飲み会で、「なんでそんなに筋トレが続くんですか?筋トレをしようと思ったキッカケはあるんですか?」って聞かれたんですね。こういう質問は良くされるのですが、正直、いつも困ってしまうんです。

だって、特に意識しているわけではなく、何となく筋トレをするものなんだ、と身体が動くんですね。しかもこれといったキッカケも特になく、何となく筋トレをやってみたというのが正直なところです。そして目標もないんです。マッチョになろうとか、云々も特にない。以前、少しだけシックスパックを目指しましたが、途中からどうでも良くなってしまいました。

継続できた理由は目標を決めないこと

何かを目標にすると「がんばる」という意識が強くなっていきます。筋トレのような活動は、終わりはなく、日々の継続が命です。日々継続していくような活動に高い目標は必要ないんです。

それ以上に重要な事が「当たり前の活動」にしていくことですね。
まるで歯磨きでもするように筋トレをしていくんです。日々の歯磨きに目標はありません。当たり前のように歯磨きをすると思います。
それと同じで、筋トレも日常のひとつの活動として捉えるようにしています。
だからなんで毎日筋トレもできるんですか?という問いに対しても、えっ、当たり前の行動だから答えようがなかったんですね。なんで毎日歯磨きをしているんですか?という問いのと同じです。

目標もありませんから、終わりがやってきません。モチベーションを上げる必要もありません。

飽き対策は必要

ただし同じことを当たり前に繰り返していくと「飽き」ます。
ですから飽きないように色々と工夫は必要かもしれません。

昨日の飲み会でも雑談で話したのですが、僕は雑誌の「Tarzan」をほぼ毎月買っています。

このTarzanを買うことで、今月の重点取り組みを決めることはあります。
毎月、発売されるので筋トレの目先を変えるにはもってこいなんですね。
記事の中のひとつをピックアップして、1ヶ月間別メニューで取り組みます。1ヶ月間継続すると丁度少しだけ飽きてくるんですね。そのころにまた新しい号が発売されますので、そこからまたピックアップ。という方法を取っています。

正直に言うと、Tarzan最強かもしれません。初心者から上級者まで幅広くメニューが網羅されているためその時の状況によってピックアップ項目を変えることができます。

Tarzanさえ買っておけば間違いないと思います。

話がおかしくなってきましたのでこのくらいにしておきますが、この考え方は仕事にも通用すると思いますし、物事は継続していくことで本当の価値を生み出すんです。ぜひ飽きっぽい方は参考にしてみてください。



渋谷雄大
OTHER SNAPS