LOG IN

デメリット

by 渋谷雄大

デメリットから入ると物事は上手くいかない可能性が高くなりますね。
講演会をやっているとたまーに出る質問。
「それをやった時のリスクは何ですか?」
「それのデメリットは何ですか?」

って質問を受けた瞬間に感じちゃいます。

「この人、やらない理由を探しているんだな。」って。
そしてそういう人が厄介なのは、そのデメリットを解消できたとしても、他のデメリットに目が向いてしまうということ。デメリットにフォーカスが当たっている人の場合、ひとつの不安が解消されても、他の不安が浮かんでしまうんですね。

いわゆる「完璧主義者」にとても多いタイプなのですが、すべての不安を取り除かないと動かない。
というよりも、今までの経験上、そういう方は行動しないケースが大半です。
失敗を極度に恐れるあまり、行動することができなくなってしまっているのですね。

もちろん物事の多くにはデメリットは存在します。
しかし問題はそのデメリットが、自社の事業にとって致命的なリスクとなりうるかどうか?ということなんです。そしてもう一つ。リスクのない対策など無いということ。デメリットが無い対策など無いということ。

航空会社のリスク管理手法「CRM=クルーリソースマネジメント」の考え方に、人間だから失敗やミスは必ず起こりうるという前提で物事を考える。ひとつひとつの些細なリスクに対応しようとすれば、重大なリスクに気がつけなくなってしまう。航空会社では「重大なリスク=墜落につながるような」に関して注意するという方法があります。

事業において最大のリスクは「資金」の問題だと思います。
資金が尽きれば事業はおしまい。
ですから、資金的にどの程度リスクを負うのか?という試算はしっかりされた方が良いですが、それ以外の些細なデメリットにまで目を向け始めると、人は身動きが取れなくなってしまうということをよく考えておきたいところです。

それよりも行動しないことのデメリットと行動することのデメリットを天秤に掛けた場合、行動しないデメリットの方が大きくなる時代だということを理解してほしいですね。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷雄大
OTHER SNAPS