LOG IN

社畜とかいう言葉もそれを言う人も嫌いです

by 渋谷雄大

昨日の平泉商工会でのSNSセミナーには大勢の方にご参加頂きました!感謝。

そして今日は高山商工会議所で手書きPOP&手書き販促セミナー!今日も飛び回ります!
こちらの講座はすでに満席ですのでご注意くださいね。

https://www.instagram.com/p/BP-HPHvAZwN/

他者比較で自分の存在を守りたい人が多い

とっても嫌な表現が増えていますね。
企業人のことを社畜だとか、満員電車に乗っている人を疲れたおじさんだとかSNSで表現することです。自分自身と違う立場の人間を引き合いに出して、自分の価値観を守りたいという人が多くなりすぎていることにです。

そしてそういう発言をされる方の多くが、フリーランスや自由業の方々。
僕も個人事業主なのですが、普通の満員電車に乗りますし、取引先とのやり取りは社畜みたいな感じにもなったりします。

フリーランスでしかできないこともある一方で、組織人でなければできない仕事もある。
役割が違うだけなんですよね。
誰かのことを引き合いに出して、自分の立場を明確にしていく手段というのは、結局のところ自分自身を虚しくしていくだけ。

フリーランスになった人は、組織に馴染むことができなかったので自分自身が働きやすい環境を見つけだだけですし、企業に勤めている人は、組織で働くことが働きやすい環境だっただけなんですね。

フリーの方も素晴らしいし、組織に勤めている人も素晴らしい、満員電車に揺られているおじさん(僕も含めて)一生懸命頑張っているなと思うし、人それぞれが懸命に生きている。
そして、満員電車に揺られていても志を強く持っている人はたくさんいるし、そうでない人もいる。
企業人=疲れたおじさん という十把一絡にしてはいけないんだと感じます。

自分自身と違う環境や考え方の人間を尊重していく余裕が必要なんですよね。

それぞれの立場を尊重し、それぞれの役割を担っている。
誰が偉くて、誰が偉くない、というものは存在していないんです。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷雄大
OTHER SNAPS