LOG IN

やりきるには?

by 渋谷雄大

楽しむ人間最強説。
どんなことであっても自分自身の心持ち次第で、最強の武器になりますよね。
僕は徹底的にハマル期間を設定するようにしています。
どんなに億劫なことであっても、期限を決めることで楽しむことができるようになります。
「とにかく半年間だけは徹底的にハマってみよう!」って。
そして半年後に、一度冷静に立ち戻って、楽しい気持ちになっているか?それともやっぱり合わないのか?を判断して、徹底的にハマったら楽しいことは継続していくようにするんですね。

人って基本ネガティブ&保守的なもんですから、新しいものに飛び込むにはやっぱり躊躇する自分がいるわけです。ですからそういう時は、「いつまでハマル」かをちゃんと決めてから飛び込むようにするんですね。

で。その間は徹底的に楽しんでハマってみる。

何かを習得するときも同じなのですが、新しい知識を習得する際にも関連書籍を10冊ほど買ってきて、1週間で全部を読み切る!という風に期限を決めます。そうすると大抵の知識は自分のものになるんです。

営業コンサルタントの横山信弘先生のFacebookの記事で「水平読書」と「垂直読書」について書かれていましたが、まさしくこの読み方。改めて言語化されるととても腑に落ちます。
この方の書籍やFacebook、ブログ記事、メルマガなどはできるだけ読ませていただいておりますがやっぱりさすがだと思います。営業の世界をしっかりロジックで組み立てられています。

ゼネラリストになる場合は、水平読書。専門家になるには、垂直読書。
僕の場合は、テーマを絞り込んで呼ばれる場合が多いため、まだまだ垂直読書中心なんですね。

https://www.facebook.com/nyattx/posts/1412642435447269/

期限を決める。
テーマを絞る。
期間中は徹底的に楽しむ。
期限が終わったら、見直す。

言われると当たり前なのですが、当たり前を丁寧にやり続ける人のみが道を拓けるのだと思っています。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷雄大
OTHER SNAPS