LOG IN

SNSフル活用塾〜SNSに疲れないために

by 渋谷雄大

昨日からスタートしたハマあきんどネットワーク事業のSNSフル活用塾
昨年は2日間を担当させていただいたのですが、今年は3日間全講座を僕が担当。
SNSを使った顧客づくりについてみなさんと一緒に考えていく講座です。

今回の3日間は文化遺産である『横浜市開港記念会館』。
立派な建物です!

https://www.instagram.com/p/BPaCAYxDIzJ/

会議室も恐縮してしまうくらい威厳のある部屋です。
天井高いです。
正装でないといてはいけないような気になります。

数年前に比べると本当に様々なSNSが登場してきていて、一体何をどうやって活用していけば良いか分からないという声もとても多く聞かれるようになりました。
しかもSNS疲れのように、SNS疲れなんかも言われ、その反動からか写真中心のInstagramというSNSが伸びてきている状況。

事業者にとって、複数のSNSをすべて使いこなすのはとても難しいのが現状。
通常業務に加えて、Facebook、Instagram、Twitter、LINE@、さらにはブログやHPなど一体全体どれだけの業務量になるのか、昨日の受講者の中にもそういった悩みを抱えている方がいらっしゃいました。

活用方法ですが、自分と相性の良いツールを『メイン』ときめ、それ以外のツールは『サブ』という位置づけにするのがポイントです。メイン1つにサブ2つ程度。全部で3つ程度のツールを使うようにします。

そしてここからがポイントですが、メインツールは定期的に切り替えるようにする。
人間は必ず飽きます。
毎日、投稿し続けていると飽きてしまうことがあります。
ブログを毎日更新しているとネタが浮かばなくなることがあります。
Instagramで写真を投稿していると、どんな写真が良いのか?本当にこんな写真で良いの?など迷ってしまうことがあります。

同じことを継続できる人間ってそれほど多くはないんです。

『飽きる』ことを前提に予め3つ程度のツールをくるくると回していく。
メインツールはそれこそ毎日投稿するが、サブツールは、3日に1度程度。など決めておく。
そしてメインツールに飽きたら、2つのサブツールのうち1つをメインツールに昇格させます。
そしてメインをサブに降格。
また飽きたら変える、というようにローテーションしていくことで、日々のSNS運用はとても楽になっていくんですね。

SNSは継続していくことで真価を発揮するツールです。
だからこそ継続できる仕組みを考えておくことが、成果を挙げるための最低限のポイントなんです。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加



渋谷雄大
OTHER SNAPS