LOG IN

伸びる力と変わらない性格

by 渋谷雄大

営業強化を考える時は2つのことを意識しましょう

日本中で行われている研修や講演会、セミナーですが、そのテーマは多岐にわたっていますね。
私は今日は、滋賀県守山で営業力強化研修で企業の社員様向けに営業強化についてお話しさせていただきます。

人の能力開発を考える際には、短期的に伸びるものと長期的に変えていくものとに切り分けて考えたほうが良いです。

分かりやすく言えば、語尾に【力】がつく能力は、短期的なトレーニングで伸ばすことができるもの。
一方で、語尾に【性】がつくものは、短期的なトレーニングでは変えることはできず、長期的な視点で変えていく必要のあるもの。

ですから、能力開発の研修の多くは【力】にまつわるものが多いんです。
営業【力】、プレゼン【力】、交渉【力】、コミュニケーション【力】、思考【力】、質問【力】などなど。これらは説得【力】を高めるために行われる研修です。
当然ですが、企業にとっては短期的な成果が表れやすい、力の研修が多くなります。

しかし、営業不振の営業マンの多くは、力は備わっているけれど、性が変わっていないケースが多いのが現状です。

人間【性】、柔軟【性】、感受【性】、ストレス耐【性】、積極【性】などの性格にまつわるものです。

もともと本人が持っている資質のようなものなので、これらを変えていくのは容易では無いんですね。ただし、これを変えていく事は十分可能なんです。

それは、【力】を伸ばし続けることで、【性】が変わることがあるということです。
単純に書きますと、質問【力】やコミュニケーション【力】を高めることで、人間【性】や柔軟【性】に変化が表れてきます。
ですから、性格を変えるためには、まずはそれにまつわる力を伸ばすことです。
力は繰り返しのトレーニングで身につくものですから、これらを必死に取り組み続けることで性格は変わっていくものなのです。

ちなみに、自己啓発系のセミナーって多くが【性】を変えるための内容が多いのですね。短期的に性を変えるのが難しいのに、短期的に相手を変える→非常にムリをした(怪しい)マインドコントロールが必要となるわけです。でも短期的に無理やり変えた性格というものは、力と性とのバランスが取りにくくなり結果としてマイナスになることが多いんです。気をつけてくださいね。

ただし【性】はムリに変えなくても良い!

性というものは、これまで行きてきた環境をベースに積み上げてきたものです。
これを変えるというのはあまり良くないともいえます。
癖なんかも性格の一種だと考えてます。
例えば、「あー」「えー」という前置きをついつい口癖で言ってしまう人に、変えなさい!と言っても実はなかなか変わらない。これ自体は癖ですから、そこを直す以上にやるべきことがあるかもしれません。
決して、流暢に話しをする人が信頼されるわけではありません。
言葉が詰まってしまう人は、それが性なのですから変えなくても良い。
もっともっと別の部分を改善していった方が良いことも多いですし、力を高めていくうちに、言葉が詰まるという性も変わっていくはずです。
性をムリに変えるのは、とても危険だということを覚えておきましょう。

それに、変わった性の持ち主ほど、一芸に秀でていたりするのですから。

「癖ある馬に能あり」って言いますからね。

グアム

最後に、営業職と言うものは、一生涯を通じてやりがいのある仕事だと思います。
単なる、能力向上ではなく、自分自身を変えていくことでより、仕事が好きになっていくものだと思います。


まずは、力を伸ばすことに一生懸命になりましょう!

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加



渋谷雄大
OTHER SNAPS