LOG IN

微差

by 渋谷雄大

一流と超一流の違いは微差にあり

全国各地を飛び回っていると、超一流だな!って感じる方と出会うことがあります。
ただ、何が超一流かってことは具体的には分からないんですよね。

一流ってのは何となく分かる。
目に見えたサプライズとか驚きとか感動とか、そういうものが目に見える形で表現される。

でも超一流の人って、一見すると目に見えないんです。
特別何かをしているわけではないのですが、でもでも、その人から常に心遣いを頂いていると感じる。

言葉の掛け方がちょっとだけ違う。
席への誘導の仕方がちょっとだけ違う。
挨拶の仕方がチョットだけ違う。
笑顔がちょっとだけ違う。
相づちがちょっとだけ違う。

いろんなものが自然にちょっとだけ違うんですよね。

目に見えるサービスで差別化するのは一流。
目に見えないちょっとした違いを感じさせられるのが超一流。

そんな気がしています。
そして超一流の方は、日頃の行動が違うのでそれが自然に伝わるのだと思います。

確かに、超一流の方は当たり前にきちんと椅子を戻していますね。
日頃からの立ち居振る舞いこそが、微差となって表れるのですね。
ぜひ、あなたの周りの超一流の人の特長も教えて下さいね。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加




渋谷雄大
OTHER SNAPS