LOG IN

結果ではなく過程を見る

by 渋谷雄大
LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

結果からは学ばずに、過程から学ぶ

成功事例を聞きたがる人がとっても多いのですが、成功した事実以上に大切なことがあります。
それはそこに至るまでの過程です。
結果の善し悪しというものは、企業の状況や経営者の資質、タイミングなど様々な偶発的な要因が重なって起きたもの。ある意味で言えば、結果論、なわけです。

ではなく、本当に見るべきは、そういう結果に至るまでの過程です。結果に行き着くまでに取り組んだ取り組みや失敗、困難に対してどのように改善していったのか、どういう考え方で取り組んできたのか、などそこに至るまでの途中経過をしっかりと聞いておく必要があるんです。

結果なんて、企業それぞれ。でも本当に学べるのはそこまでの道のりです。
講演会などで本当に聞かなければいけないのは、華々しい成果ではなく、そこに至るまでの紆余曲折だということを覚えておきましょう。

実は過程こそが企業秘密

そして、多くの企業はこの過程にこそ本当の戦略が潜んでいるんです。様々な創意工夫の中から生まれていった複雑な仕組みが企業の成功をささえています。
ですから、当然、そういった過程を教えてくれる経営者は少ないのです。経営者が講演会で成功事例を話すことが良くありますが、その大半は、結果レベルの話です。
こんなことをやった。あんなことをやって成功した。という内容でなかなか過程を話したがらないのです。

自ら話してくれないのならば、こちらが推測するしかありません。
そこで参考になるのが「経営者ブログ」や「Facebook」です。
最近は多くの経営者がブログやFacebookをやっていたりしますね。

実はこういった日々を綴っていくたぐいのツールには、様々なヒントが隠れていることが多いです。
特に経営者の悩みや不安などは、文章の中に時折あらわれてくるものなのです。

参考にしたい経営者のブログを見つけたら、ぜひ定点観測してみて下さい。
企業の業績と経営者のブログ記事を時系列で並べてみると何か見えてくることがあります。

こうやって推測することは十分可能ですし、例えば、参考にしたい経営者が講演会をやるさいにブログを事前にチェックしていれば、推測を相手に質問でぶつけることも可能です。
さすがにそこまで具体的に質問されれば、相手もしっかりと応えてくれるでしょう。



渋谷雄大
OTHER SNAPS