LOG IN

自分で解決できない問題なら楽しめ!

by 渋谷雄大

トラブルは「楽しむか?」「対策するか?」

おはようございます!
今日は富山商工会議所にてマーケティングセミナー!50名近くの方にお集まり頂いております。
気合い入れてお話ししたいと思います。

さて本題。

先週末、Facebookでとっても楽しいできごとがおこりました。
まずは下のFacebook投稿をご覧ください。
もう完全に『殿ご乱心!』といった状況です。
投稿しようと文字を入力するとこのようになってしまうというバグが起こったんですね。

https://www.facebook.com/kukkin999/posts/1376343295749365/
https://www.facebook.com/kukkin999/posts/1376388335744861/

で、ここでFacebookでは2パターンの反応をする人が表れました。
Aパターン→バグを楽しんで遊んでいる層
Bパターン→早く治ってほしい!とイライラしながら待っている層

もちろん僕はAパターン。
Facebookっていうものは昔からちょこちょことバグが起こっているツールなんですよね。
それに対して腹を立てても何も変わることはない。
だったらそれを逆手に取って遊ぶしかない!って言う考え方です。

怒ることで問題解決するなら怒るけど。。。

経営って自分だけの力で解決できることの方が少ないんです。
しかも、どうにも抗えないトラブルは必ず起こってしまうもの。

「バグやトラブルは発生するもの」と割り切ってしまえば、イライラする必要はないんです。

僕が様々なトラブルに遭遇する時に考えていることは2つです。

『その問題は自分の力で解決できるものかどうか?』
『その問題は自分自身にとって致命的な問題なのか?』

ということです。

まずは自分自身の力でどうにかなるものであれば、解決に向けて動きます。
しかし、どうにもならないことであれば、イライラしてもしょうがないし、怒ったところで何も変わらない。

マイナスの感情を出すだけ勿体無い。

自分自身で解決できないとわかった時にすることは『その問題を逆手に取れないか?』と考えることです。
問題は発想を変えるとチャンスに変わることは良くあるんです。
だから問題が起こったら、楽しみながら、チャンスに変える工夫をする。

Facebookのバグが起こりましたが、もう楽しむしかないですもんね!
中には、メモ帳にわざわざ書いてコピーして投稿している人もいましたけれど、僕からすれば、今の状況を楽しんで記録に残しておかない手はないかな?って思います。
普通の投稿はいつでもできるけれど、こんな変わったハチャメチャな投稿はこういう時しかできなし。

成功している経営者の多くは『転んでもタダでは起きない』精神を強く持っていますね。
トラブルをチャンスに変える癖をつけているんですよね。

2つめの『その問題が致命的かどうか?』っていう基準です。

小さなトラブルでも目くじら立てて、取り立てる人も多いのですが、リスクというものには致命的なトラブルと些細なトラブルがあります。

僕がまずはじめの考えるのが『致命的でないトラブルは真剣に対処しない』です。
もちろん、時間軸で考える必要があります。

「今は致命的ではないが、将来的には致命的に発展する可能性のあるトラブル」かどうかを想像して判断しないといけませんね。

当然ながら、致命的である場合は、何とかして解決しなければなりません。もしくは、被害を最小限にしなければなりませんね。

今回のFacebookのバグは、どう考えても将来的に致命的なトラブルに発展するものではないように思えました。

ということで、今回は「楽しむ」という判断を下したのでありました。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加



渋谷雄大
OTHER SNAPS