LOG IN

飲食業界にも進む素人のプロ化

by 渋谷雄大
LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日は小松商工会議所にて飲食店向け商売繁盛セミナーをさせていただきました!
色々な業種の飲食店の方にご参加いただきましたが、その中でお話した内容です。

素人のプロ化が進んでいる

これまで様々な業界が、素人のプロ化への変化に対応しきれずに市場から消えていくこととなりました。

例えば、印刷業界。
以前はチラシのデザインや印刷と言えば、印刷屋さんのお仕事でした。
しかし使いやすいソフトの登場やプリンターの質が向上することで、対応できない印刷屋は厳しい状況となっています。

例えば、WEB制作の業界。
ホームページ制作は、数十万円〜数百万円掛けて制作する時代がありました。
しかし今や無料で簡単に作成できるホームページサービスが充実。
しかもデザイン性は、業者に頼んだものよりも良いですし、使い勝手も良かったりします。

例えば、製造業だって危ないですね。
3Dプリンターの登場で、ものづくりすらプロを素人が超える時代になっていくでしょう。

我々、講師業界もそうです。
以前は人前で話す『講師』という仕事は、何かの専門化や大学教授などの一部の限られたプロのものでした。しかし今や講師として話すにあたって特別な資格や経験は必要なくなりました。
講師として話すネタだって、インターネット上に山ほど転がっているため、特別な知識なくとも話すことはできる時代です。
また、講師としての活躍の機会も、ネット上(Youtubeやネット大学など)に溢れかえっていますし、自らメディアを持って発信することも可能となりました。
ということで、講師業界も素人のプロ化が進んでいる業界です。
もちろんそんなことはわかった上で、僕自身は差別化しているのでおかげさまで、素人が増えれば増えるほど仕事が舞い込むようになっていますが。

飲食業界も素人のプロ化が進展

クックパッドを見ればわかりますが、下手な飲食店よりも良いレシピが揃っているではありませんか。
カリスマ料理研究家や主婦がはじめる定食屋など、プロのシェフを超えるレシピがしばしば登場してきています。

で、本題ですが、レシピそのもので差別化できる時代はもう終わりつつあります。
『秘伝のレシピ』というものに頼っていると足元をすくわれるかもしれません。
クックパットには様々なレシピがありますが、中途半端な飲食店よりもよっぽど今の時代に合ったレシピが充実しています。

特に今の時代には『見栄え』『SNS映え』という要素も欠かせません。
料理は見た目。と言われる時代ですが、SNS映えする見た目というのも今の時代には必要不可欠。

そういう要素までレシピの質に加えると、クックパットにかなわない飲食店も多いのではないでしょうか。

そこでお伝えしたのが、自店のレシピはクックパットに公開してしまえ!という提案です。
レシピで勝負する時代はそろそろ終わりを迎えています(もちろん真似出来ないような本物のレシピもありますのでそれは別)。だったらいっその事クックパットに公開してしまえばどうでしょうか。

もちろんレシピを真似したくらいでは、普通の人は同じ味を再現することはできません。

食材やちょっとしたさじ加減までは真似できませんから。
本当のプロであれば『レシピくらい持っていきやがれ!レシピくらいじゃうちの味は再現できないぞ!』くらいの自信を伝えてほしいと思います。
それくらい言われると、逆に食べに行きたくなります。

一方でプロの素人化も深刻

で、こういうことも起こってきていますね。
プロの素人化、という逆の流れ。

プロフェッショナルが素人化しているということです。

これまで自分の技術力やサービス力に自信があるプロが、市場の変化に対応しきれずに流れについていけずに素人化しているという状況です。
ホームページ制作業者などは、一般の人のほうが、無料WEBサービスに詳しい。逆に昔から地元で展開しているホームページ制作業者の方が一昔前の技術を未だに使っているなどです。

飲食業界も同じです。
昔ながらの飲食店ほど、今の時代に対応できず、素人化していませんか。
講師業界もです。
昔のプロが素人以下の内容しか話せなくなっている。
しかも話のプロにも関わらず、眠らせるのが得意なプロ講師も多い。

素人のプロ化に対応しなければ生き残れない

飲食店を開業したい方が創業塾にたくさんやってきますが、素人の方が色々と対策やオモシロイ工夫を凝らして成功させようと必死です。また業界を超えたアイデアを作り出しています。

一方で、昔ながらの飲食店は新たな取組にどちらかと言えば後ろ向きで、現状維持を図ろうとしています。残念なことに先日の小松商工会議所の飲食店セミナーも、参加者は10名程度。
担当者は、『声をかけても、忙しいからとかその日は都合が悪い』など後ろ向きな答えが多かったそうです。その割には日頃から暇だ暇だ、と嘆いている。

強者素人が次々に登場する中、今ある飲食店は日々の工夫を怠ってはダメです。
逆に、アイデア次第で素人でも繁盛店は作れる時代になってきていると思います。

こちらのMeet Up Under the Treeさんは野田で先日開業したばかりのカフェですが、オモシロイコンセプトで立ち上げられました。ぜひFacebookとInstagramをごらんください。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加




渋谷雄大
OTHER SNAPS