LOG IN

渋谷さんの20%は何ですか?

by 渋谷雄大

って聞かれました。

僕の講演会でお話しさせているんです。
それは『20%は将来の可能性を拡げるチャレンジに、80%は現状の改善活動に』ということです。
意識しなければ現状維持に傾きやすいのが人というものです。

新しいことはある意味で面倒くさい。
だからできるだけ現状を維持していきたい、という思いがあるはずです。

だから強制的に20%程度は、新たなチャレンジに時間とお金と人員を割いていく必要があります。
時代が大きく変化している中で、自社が変わらないということは『真綿で首を絞めている』のと同じです。
現状維持という発想は、気が付かないうちにジリ貧になっていくことを指しています。気がついた時には取り返しのつかない事態になっている可能性が高いんです。

20%は将来のチャレンジのために使いましょう!

その20%の活動の中から、新しいチャンスが芽吹いてくるんです。
この20%というものは一見すると遊びに見えること、無茶に見えること、良くわからんことに使われていると周囲からは捉えられますが、こういう活動こそが経営者が行うべきことです。
自社のリスクを張って、20%の遊びを全力で取り組む。
そういう会社こそが伸びる会社になるんです。

1年前と比べてみて下さい。
20%程度何かが変わっているか?
20%取り組みをしたかどうか?
1年前と同じことをしているということは、後退しているのと同じですね。

渋谷さんの20%は何ですか?

で、そんな話をしていたら先日、受講者に、『渋谷さんはどんな取り組みをしているんですか?』と問われました。

僕の場合は、『苦手な分野のテーマに取り組む』ようにしています。
実はもともと普通の中小企業診断士でした。
だから経営戦略の基本を教えることくらいしかできなかったんです。

そんななかで、周囲から苦手分野を依頼されることがあったんです。
例えば元々苦手だった分野は『営業セミナー』です。
営業は嫌いでしたから、営業セミナーなんてもってのほかでした。
しかも営業マンは結構プライドが高く、クセのある方も多いので苦手でした。
しかし、ある時に依頼されたんですね。
そこからチャレンジをしていった結果、現在では得意分野のひとつになっています。

あとは『チラシ』です。
これも元々それほど得意ではなかったんです。
でも取り組んでいくうちに現在では得意分野。

プライベートでは、ダンス、筋トレ、ランニング。
どれもこれも元々は大嫌いだったものです。
でも今ではそれが自分のメインになりつつあるわけです。

もし自分自身が、20%のチャレンジをしなかったとしたら、ぞっとします。

苦手なことにチャンレジしてみましょうね!!

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加



渋谷雄大
OTHER SNAPS