LOG IN

それって隠す価値ある?(飲食店編)

by 渋谷雄大

繁盛する飲食店のメニュー開発ってどうやっているかご存知でしょうか?
『クックパッドを参考にレシピ開発する』
ということです。

これ、とても大きな意味があります。

秘伝のメニューということで、自分自身のレシピを公開したがらない飲食店も多いと思います。
レシピを真似されたら、潰れる、と思っているんですね。

でも一般人の感覚から言えば、クックパッドのレシピの方が素晴らしいものが多いし、実は工夫されていたりするんです。一昔前に比べても、主婦でアイデア料理を考える、カリスマ主婦みたいな人たちも増えています。

自分自身のレシピは最高だと思っている飲食店の経営者がいます。
もちろん素晴らしいレシピを持っている人も多いですが、中には、ん?クックパッドで作った方が美味いんじゃない?っていう飲食店も多々あります。

客観的な視点でみると、メニュー自体の独自性や内容では勝負しにくくなっているのだと思います。

メニューは公開し、◯◯に工夫せよ

では飲食店はどこで勝負するのか?
当然ですが、メニューが同じであっても、作り手の技術で味は大きく変わります。

例えば、食材のこだわり。
食材自体は、プロがこだわりを持って仕入れていますから真似できません。
料理自体のニュアンス。
調理はレシピ以上に、料理人の塩梅が重要だと思います。
ここまで真似することはできませんね。

クックパッドでレシピ公開してください。
そして、クックパッドで一般人が作っても同じ味は再現できない(はず)です。
もしかしたらクックパッドがキッカケで、来店も増えるかもしれませんよ。
本場の味はどうなんだろう?って。

時代とともに変わる重要なこと

飲食店は、味はもちろん最重要ですし変わりません。
でも、変わるものもあります。

先日発表された日経トレンディの、2016ヒット商品ベスト30を発表されて1位は『ポケモンGO』でした。
ここで注目すべきは、2017年の予想です。
第一位は『ノールックAI家電』だそうです。
『電気つけて』と言えば勝手に電気をつけてくれるとか、2017は手ぶらがキーワードだそうです。
ノールックパスをイメージしてしまいますが違うんですね。

と、ポイントはそこではなくて、2位の『魅せるミールキッド』です。
2016年のヒットにInstagramも入ってきていましたが、来年は『手ぶら』と『魅せる』が重要なキーワードになりそうです。

定期宅配食材の世界でも、自宅をレストランに変えるという魅せるミールキット=SNSにアップすることを目的とした食材セットが注目されるようです。

飲食店にとっては、見た目の重要性もとても重要。
盛り付け方やSNS映えするかどうかの研究も必要となるでしょう。
味さえ良ければ良いんだ!というのもありですが、見た目という要素をさらに深掘りしていく必要がありそうです。

新しいコンセプトのお料理教室は誰もやらなかったけど

某メーカーさんのイベントでお料理教室の提案を講演の中でしてきているのですが、昨年から今年に掛けて色々なところで提案してきたのが(実際にはどこもやってくれませんでしたが。。。)、速水もこみちになろうお料理教室です。

みんな冗談だと思って笑ってくれるんですが、実は、真面目にやればいいのにと思っているんです。でも誰もやりませんね。

美味しい料理や健康的な料理を作るのが目的ではなく、
もこずキッチンのもこみちさんのようにかっこよくキャベツを千切りする練習やかっこよくオリーブオイルを掛ける仕草を練習するなど、見た目重視のお料理教室です。
それを主催者が、動画で撮影してあげることでSNSで話題を作ろうという提案でした。

どうやら斬新過ぎて誰もやりませんでしたけど、2017年の予測をみているとやはり間違いなかったように感じますね。新しい世代にキッチンを使ってもらうためには、こういう新しい取り組みが必要だということです。

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加



渋谷雄大
OTHER SNAPS