LOG IN

講義でしか伝えられないこと

by 渋谷雄大

ブログでは講義で話していることを書いてますけど

やっぱり講演会やセミナーでしか得られないものってありますよね。
それは『ニュアンス』の部分。
文章では伝えられることに限界があります。
僕に物書きの才能が無いだけなんですけれど。

正直、骨子に関しては、ブログに書いている以上の内容はお話ししていないと思います。
しかも、文章で表現デキるレベルの知識なんて言うものは、今の時代、ググれば大体のことは出てきちゃいます。

でも言葉だけでは伝えられないことがあるんです。
「すごい!」と文章で書いてもそれだけ。
でも、直接お話すると、すごい!のニュアンスは山ほどあるわけです。

デジタル(インターネット)には限界があります。
ニュアンスが伝えられないこと。
それはYouTubeのような動画だって同じこと。
文章よりは伝えられるけれど、動画っていうものは意外なほど、ニュアンスを歪めてしまうツールなんです。自分の癖が強調されてしまったり、話がのっぺりしてしまったり、動画にはデメリットも多いことを覚えておいたほうが良いです。

一方で、アナログって、ニュアンスが伝えられるんです。

例えば、紙。
手触り、重み、匂い、なんていうものが感じられます。
また、デジタル書籍は、何回読んでもきれいなものですが、紙の本は、何回も読むとくたびれてきますし、手垢が付きます。何回も読むページには折り目が付きます。
でもそういったニュアンスの部分が愛着を生み出すのですね。

僕は、デジタルの世の中になっても、きっとライブでのセミナーは絶対にやめないと思います。
だって、ライブでしか伝えられないことって山ほどあるし、好きだから。

さあ、今日はこれから東松山市商工会で創業塾です。
今日もライブを楽しんできます!!



渋谷雄大
OTHER SNAPS