LOG IN

競合他社を認めよ

by 渋谷雄大

競合批判はかっこ悪い&価値を落としている

もう時代は変わっているんです。
未だに競合批判をしている方は今すぐやめたほうが良いです。
競合とあなたのお店は、100%同じなんてことはありえません。
要するに、役割分担をしているということ。
地域に出店してきたショッピングセンターも近くのコンビニも家電量販店もAmazonも役割が違うだけです。

コンサル業界にも結構います。
胡散臭いコンサルタントを必要以上に否定する人(笑)
自ら本物のコンサルタントみたいに名乗り、自分以外は全部似非と発言する人(本物かどうかは周りが決める)
自分の得意分野(特にIT系に多め)をこれ見よがしにFacebookなどで講釈垂れて(講釈は僕もたれます)、これができなければコンサルタントではないと陥れる。

大手企業だからといって一概に否定する人もいますが、やっぱりこれも役割分担があるだけです。

それぞれのお店の経営が続いているということは、そのお店には続いている理由があるってことです。
その続いている理由を認めることがとっても大切なんです。
でないと、正確に競合のことも見えなくなってしまう。

競合を批判する前に、競合をしっかりとみること。
そして、役割の違いをしっかりと認識すること。
そうすれば、あなたの会社やお店は誰のために存在しているかが明確になってくるんです。

認めると、競合他社の良い面も見えてくる。
自分のお店に来たお客様で、自社よりも隣の競合店の方がきっと満足いただけそう、と思ったら躊躇なく隣の競合店をお勧めすることです。

これからの究極のお店とは、競合すらも仲間として捉えることです。
競合との共存共栄を目指すことで、逆にあなた自身の価値も飛躍的に上がっているはずです。

ということで、お勧めのコンサルタントをご紹介しておきます。
一度もお会いしたことないですが、Facebookでやり取りしていると絶対に間違いないと思える方ですね(笑)いつかお会いしたい!! → この方

LINE it!
このエントリーをはてなブックマークに追加



渋谷雄大
OTHER SNAPS